ブログ
Blog

2018年05月07日
カテゴリー :

岡山で農薬散布ドローンを導入しました。

岡山県にて米を栽培している農家です。今まで乗用管理機にて散布作業を実施していましたが、準備にかなりの時間を消費していました。

また洗浄作業なども非常に大変で高齢化が進んでいる農業では非常に厳しい状況でした。昨年から農薬散布ドローンを導入することを決めて乗用管理機と併用で散布作業を実施しました。機体が軽量で取り回しが行いやすく準備時間なども大幅に削減できました。

また非常に安定したフライトなのでスムーズにおこなうことができました。付近の方からも散布作業の依頼があり、今年は新型の10L機も導入してさらに作業効率を図りたいと思います。

今持っている機体もそう簡単には壊れなさそうですし、農林水産航空協会の認定を受けている機体であれば性能はほぼ間違いないと考えているので非常に楽しみです。

農林水産航空協会認定機 飛助MGの詳細はこちらから

関連キーワード
ドローン (26)
農薬散布 (18)
飛助MG (10)
飛助DX (12)
農業用 (21)
メリット (12)
林業用 (6)
バッテリー (4)