たった2分で無料補助金診断 たった2分で無料補助金診断

国土交通省への許可申請
Application

国土交通省への許可申請

代行申請サービス

ドローンを使用するには避けることができない国土交通省への飛行申請。
初めての場合は高いハードルになるのではないでしょうか。

 

お客様の悩み。国交省への代行申請・代行報告・代行登録。

 

【必要な情報を入力すれば、あとお客様は許可書を待つだけ。】
・飛行許可取得まで提携の行政書士が全て代行します。
・全国の農地(農業用)で1年間の包括申請!
・1台あたり操縦者10名まで追加料金なし!

代行申請の相場は30,000円~ですが、マゼックス製品をご利用の方は8,800(税込)で承ります!
国内トップクラスの実績があるからできるサービスです。
しくはこのままお読みください。

※2年目以降は年次点検をお受けいただいたお客様のみ対応させていただいております。料金は1年目と同金額です。

 

ドローンのルール

機体重量が200g以上のドローン(無人航空機)は航空法によって定められた規制があります。
無人航空機とは、人が乗ることができない航空機や滑空機などのことを言います。
(いわゆるドローンやラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が当てはまります。)
参照:国土交通省 ホームページ

飛行禁止区域の一覧

  1. 空港付近周辺の飛行(A)
  2. 緊急用務空域(B)
  3. 地表から150m以上の飛行(C)
  4. 人工集中地区の飛行(D)

上記項目以外の飛行の場合は国土交通省への申請・許可は不要です。
マゼックス製品は空港付近の飛行制限をしています。ご検討の方は必ず事前にご確認ください。

 

機体登録とリモートID

ドローンを飛行させるには、車でいうナンバープレートのようにドローンにも「登録記号の表示」と「リモートIDの登録・設置」を実施しなければいけません。無人航空機の安全と安心の確保のため創設された制度で、遵守しない機体重量100g以上の無人航空機の飛行は禁止されています。

※参照 無人航空機登録ハンドブック

① 本人確認ができるものを準備して登録システムから機体登録を行います。
機体記号が発行されるので機体本体にシール等で表記します。
② 発行された登録記号をリモートIDに登録して、リモートIDを機体本体に設置します。
(リモートIDとは製造番号および登録記号、位置、速度、高度、時刻などの情報を電波で発信する装置)

大きな流れは2つですが、詳しい情報は国土交通省が作成した無人航空機登録ハンドブックに記載されていますのでそちらをご覧ください。リモートID機器本体はマゼックスでも取り扱っております。

 

 

禁止事項と飛行条件

赤色表記
いかなる状況でもドローンを安全に利用するために遵守してください。

オレンジ色表記
どれか1つでも当てはまる場合、国土交通省へ飛行許可が必要で法的な罰則があります。
農薬散布ドローンの場合、「危険物(農薬)の輸送」と「物件投下(農薬を散布)」の2種類を明記した申請が必要です。
農薬散布ドローンの使用規定はこちら   ※2019年9月18日より赤色表記が追加されました。

 

ドローン運用までの流れ

1.機体登録とリモートID

国土交通省の登録システムから機体登録を行い登録記号の発行を受けます。
その登録記号を機体に明記して、リモートIDへ登録を行います。

 

2.ドローンの飛行申請

提携行政書士へ依頼される場合

機体をご発注頂いてから、専用入力フォームへお客様情報をご記入ください。その後、飛行許可証が発行されるまでお待ちください。

ご自身で申請される場合

国土交通省のページをご覧いただき、最新の様式で申請してください。記入方法や提出方法などは行政書士法によりサポートできません。ご自身で申請等が難しい場合は代行申請サービスをご利用ください。
・農薬散布ドローンの記入例(PDFダウンロード
・その他の記載・記入例について(こちらから

 

3.飛行計画(FISS)の登録

飛行許可証が発行された機体を飛行する前に、ドローン情報基盤システム(FISS)に飛行計画を登録します。
オリジナルの利用手引き作成していますので参考にご利用ください。
(手引きのダウンロード19.11.03)

 

4.飛行実績の管理

飛行の実績を記録しておく必要があります。その記録は都度国土交通省に報告する必要はありませんが、国土交通省に提出を求められた際は提出する必要がありますのでご注意ください。

 

5.飛行申請の更新

マゼックスへ代行申請を依頼された場合

更新時期になりましたらお客様にメールでご案内致します。その案内に従って、飛行申請の代行申請を依頼してください。2年目以降の代行申請は、国土交通省の安全義務のため年次点検を受けて頂いた機体のみにご提供しています。

ご自身で申請された場合

飛行申請は1年ごとの包括申請になります。終了日前には必ず更新申請を行うようにしてください。

 

提携行政書士

はじめまして。大阪で行政書士事務所を開いております行政書士の金光でございます。主な取扱業務はドローン飛行申請を扱っています。飛行する際に、申請が必要かどうかなどの相談やご依頼を年間多くの方からお受けしております。
当事務所では申請手続きから報告業務まで、サポートさせていただいております。
また当事務所は、株式会社マゼックスと提携しておりますので、最小限の必要事項の確認で、依頼者様のご負担を最小限に申請手続きを進めていく事ができます。
依頼者様の話をよく聞き、豊富な業務経験に基づき、丁寧かつ迅速に業務を進め、依頼者様のサポートをいたします。

かずき行政書士 金光の写真
提携先 かずき行政書士
登録番号 第15260941号
使用用途 農薬散布、延線、架線、運搬など
適用人数 1台当たり10名まで
TEL 06-6224-7234
URL https://kazukioffice.com/index.html

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。