ブログ
Blog

2020年12月05日
カテゴリー :

ドローンの事故防止対策5選!安全対策は万全しておこう!

man feel bad with crashed drone in the park


ドローンの性能が日進月歩で向上し、それに伴い各分野へ活用が進んでいます。一方、活用の増加に伴い、ドローン事故も増加しています。
実際にドローン事故のデータ集計を始めた2015年から2018年までの4年間では209件の事故が発生しています。ドローンを各分野に役立てるためにも、安全対策を万全にしておく必要があります。

そこで今回はドローンを安全に活用するために押さえておきたい、ドローンの事故防止対策についてご紹介します。合わせて事故が発生しやすい4つの原因についてもお伝えするため、ドローンの導入を検討している方は参考にしてください。

ドローンの事故防止対策5つをご紹介

まずはドローンの事故防止対策を5つご紹介します。ドローン初心者だけでなく、慣れてきた方も今一度見直してみましょう。

ドローンの基礎知識を身に付ける

ドローンを活用するにあたり、まずはドローンの基礎知識を身につけることが重要です。ドローンは専門知識がなくても、直感的に操縦できるため、基礎知識が疎かになっている方もいらっしゃるかもしれません。
まずはドローン本体の機能、そして飛行させてはいけない場所やドローンに関する規制を知ることが大切です。

基礎的な操縦スキルを身に付ける

基本的な操縦スキルがないと、事故発生の可能性が高くなってしまいます。なんとなく飛行させているだけでは、万が一ドローンが危険な状態になった際に正しい対応ができません。その結果、事故につながってしまいます。

操縦スキルは経験によって培っていくものでもありますが、基本的な操縦方法や事故を回避するための操作はあらかじめ押さえることが重要です。

事前の機体整備、点検の徹底

正しい操縦ができても、ドローン本体に異常があると事故につながってしまいます。そのため飛行前の機体整備や点検は欠かせません。

プロペラやモーターに異常はないか、バッテリーの充電はあるか、傷はついてないかなどを確認しましょう。機体に問題がある場合は、飛行を中止する判断も大切です。

飛行場所・飛行コースの把握

飛行させる場所で、事故につながるような障害物がないかを確認しましょう。また住宅地や市街地など、航空法や地域の条例で飛行が禁止されている場所でないかも確認することが重要です。

条例違反を犯してしまうと、罰金をはじめとする罰則を受けるケースもあります。事業を活性化するために導入したドローンで罰則を受けることにならないよう、注意しましょう。

関連記事
ドローン規制法に関わる各種法律についてわかりやすく解説!

ドローンを見失わないようにアシスタントを配置する

ドローンの操縦に気を取られ、周囲の状況に気を配れず、ドローンを見失ってしまうことがあります。そのため操縦者のほかに、アシスタントを配置することで、より安全な飛行ができます。

特に購入当初は、不慣れで事故を起こしやすい傾向にあります。そのため購入先の業者に購入後のサポートも確認しておくと安心です。

ドローンの事故防止のために知っておきたい墜落の4つの原因

ドローンの事故を防止するにあたり、事故が起こってしまう原因を知ることも大切です。ここではドローンの事故につながりやすい、4つの原因についてお伝えします。

操縦者のスキル不足

特に初心者は操縦のスキルと経験が不足しているため、それだけで事故が発生する確率も高くなります。基本的な操縦ができても、ドローンがバランスを崩すなどのイレギュラーな事態が発生した際には、冷静に操縦できずに事故に発展する例も少なくありません。安全に飛ばせるようになるまで、十分に練習を重ねましょう。

関連記事
【初心者向け】ドローンの操作方法とは?画像付きで基本操作を詳しく解説!

突然の天候の変化

突然、強風や雨など、天候の変化が発生した場合には要注意です。ドローンが強風により制御不能になってしまったり、雨によりモーターが故障してしまったりする可能性が考えられます。

突然の天候の変化は予測できない部分もあります。そのため直前に天気予報などを確認し、怪しい場合には早めに切り上げ、飛行を中止する判断が必要です。

事前の整体整備や日々の点検不足

ドローン本体に異常があると事故につながる可能性が高くなります。モーターに砂や埃が溜まってしまうだけでも故障の原因となるため、ドローンの点検や整備はこまめに行うことが大切です。

関連記事
産業用ドローンの作業後のメンテナンス方法について解説!

無理な飛行

ドローンを無理に建物や木に接近させたり、危険なルートで飛行させたりすることで事故の危険性が高まります。物に衝突することでプロペラが破損し、操縦では事故を防げなくなってしまいます。

必要以上に物に接近させず、飛行ルートの障害物も確認した上で、無理のない安全な飛行を心がけましょう。

まとめ

今回はドローンの事故防止対策、そして事故の原因についてお伝えしました。ドローンの事故が多発することで、ドローンに関する規制が増えてしまい、ドローンが危険であると認識され導入が進まなくなってしまいます。

今回ご紹介した事故防止対策と原因を押さえるだけで、事故発生のリスクが防げます。ドローンを運用する方は今回ご紹介した内容を参考に、ドローンの事故防止に努めましょう。またドローンを専門的に扱っている業者から購入し、注意点を直に教えてもらうことも重要です。

 

マゼックスの農薬散布ドローン製品一覧はこちら

関連記事

農業従事者におすすめの農業用ドローンの選び方とは?

ドローンの事故の事例から学ぶ事故を防ぐための対策方法とは

関連キーワード
ドローン (28)
農薬散布 (24)
飛助MG (12)
飛助DX (13)
農業用 (23)
メリット (11)
林業用 (7)
バッテリー (6)
スマート林業 (1)
助成金 (1)
補助金 (1)
ドローン規制法 (1)
ドローン法律 (1)
ドローン活用 (1)
ドローンメリット (1)
おすすめドローン (1)
農業用ドローン (7)
農薬散布ドローン (2)
ドローン価格 (1)
農林水産航空協会認定機 (1)