製 品
Product

飛助DX 農業用農薬散布ドローン

※製品名 飛助DX農業用農薬散布ドローン

980,000円(税抜き)

2019年モデル
10L積載できる農薬散布ドローンで、散布性能を追い求めながらも手頃に利用できる価格を実現しました。10分で1ha散布が可能で、農薬散布の重労働から解放されます。

                                   

飛助DX農業用農薬散布ドローン紹介映像(Youtube)

飛助DX農業用農薬散布ドローンはJP0941特許出願中 農薬取締法散布量対応品

農家さんが求めている農薬散布ドローンを

マゼックスの経験と開発力で、防除の現場で本当に必要な農薬散布ドローンを造りました。飛助DXは液体・粒状薬剤を10L搭載でき、10分で1haの圃場を散布し、作物の品質を大きく向上します。性能も向上しながら大量生産によりコストを抑えて完成しました。
国内で開発しているからこそ、時間短縮だけでなく無人ヘリにも劣らない散布性能の農業用ドローンに力を入れてきました。オリジナルの構造により軽量な機体でも強いダウンウォッシュで、作物の根元や葉の裏まで散布します。
価格と積載量だけで農薬散布ドローンを選ぶことはオススメしません。散布するための機械なので、散布性能も必ず確認してください。「価格・散布性能・耐久性」のコストパフォーマンスにはどこにも負けない自信があります。

※製品名 飛助DX農業用農薬散布ドローン

飛行性能?耐久性?? ご安心ください。

最先端制御装置の搭載・最適化を行い《信頼性や安定性》を大きく向上し、初心者でも簡単にできる散布作業が実現しました。DJIの《防水・防塵・高冷却性能》ブラシレスモーターとESCにより夏の過酷な環境下でも長時間の連続作業が可能で、現場を想定した防滴対応の強靱なカーボンフレームにより多少の衝撃では壊れません。

※製品名 飛助DX農業用農薬散布ドローン

最大の特徴は散布性能

日本の農業に適した散布性能のドローンを造るための散布切替装置は、無人ヘリと戦える高い散布品質を実現しました。飛助DXには2つのポンプを装備し、吐出量を保持しながら前進時は前側ノズルから、後進時は後側ノズルから噴霧するように自動制御します。前後進で噴霧ノズルを分けることで、全てのダウンウォッシュを利用でき、ドリフト問題の低減と作物根元や葉の裏まで均一に付着させます。

4枚ローターのメリット

4枚型のメリットは?

30インチの大きなプロペラを使用しています。

①大きなプロペラは小さいプロペラと比べ強力なダウンウォッシュを発生させます。
②薬剤を作物の根元や葉の裏まで力強く散布
③飛行音が静かで早朝でも気になりません。

ただし・・・それぞれにはメリット・デメリットがあります。

飛助MG農業用農薬散布ドローンは産業用ヘリコプターに劣ることない高い散布品質を実現
前後切り替え装置のメリット

デメリットを消すために…

4枚のデメリットを消すために前後切替装置を開発し、渦から脱出することに成功しました。

①噴霧された薬剤は前側のプロペラによって下に吹き降ろします。
②薬剤の上を通過する後側のプロペラでさらに薬剤を抑え作物に付着させます。

前進 後進

4枚型×前後切替=高い散布品質

4枚と前後切替えを組み合わせることで全てのダウンウォッシュを利用して、デメリットを打ち消し今までになかった散布性能を生み出しました。この構造以外の4枚タイプは散布性能が安定しなく、薬剤が巻き上がりドリフトや薬害の危険があります。

※この散布技術はマゼックス独自技術によるものでJP0941特許出願中です。

主要パーツ

主要パーツDJI N3-AG
高度 位置 スピード

飛助の優れた頭脳

[DJI MG-1]と同等の制御装置は、液体が揺れても瞬時の制御で安定飛行を継続します。2つの気圧計とコンパスを装備し、センサーに不具合が生じてもフライトを維持し安全性と信頼性を高めています。
操作性も大幅に向上し初心者でもゲームをする感覚でフライトできます。自動制御により高度・位置・スピードは一定に保たれ、送信機から手を離せば自動でブレーキをかけてホバリングを開始します。

防水・防塵 フレーム ブラシレスモニター 高放熱ESC 散布装置

使うとわかる品質の違い

1つで14kg持ち上げることができるDJI社のブラシレスモーターとESCで、農薬散布を想定し、薬剤による腐食を防止するために回路基板やベアリングまでにもコーティングが施してるので腐食を心配することなくご利用頂けます。(※ESCはIP66定格基準)

ブラシレスモーター

ブラシレスモーター

モーター内には遠心冷却フィンが内蔵され、冷却効率が大幅に向上しています。連続60分間(6kg /個)の負荷試験では、表面温度はわずか17℃上昇、ESC表面温度は20℃上昇しただけで、暑い季節にも連続運転を可能にします。
※農薬散布ドローンはこの冷却機能で連続作業時間が大きく変わります。

ESC

ESC

スパークプルーフ回路を内蔵しているのでコネクタの寿命が延びて信頼性が向上し、リアルタイムで制御装置と通信しているので異常時は即座に介入するので事故を最小限に抑え安全性を高めます。

構成パーツ

  • 飛助MG農業用農薬散布ドローンの構成パーツ ボタ落ち防止ノズル

    ボタ落ち防止ノズル

    最適な量を吐出し、散布幅内を均等に噴霧する様に設計したドイツ製専用ノズルです。噴霧を停止した時、0.8秒以内にピタッと止まるように、ボタ落ち防止弁が採用され不用意に薬剤を落下することを防ぎます。

  • 折りたたみ機構

    折りたたむと幅は60cm以下になり、組み立て時間はわずか3分で現場での作業時間を削減します。耐久性を低減させないために締め込み式の可動部を搭載し、飛行時の安定性能・飛行性能・耐久性能を向上しています。

  • 飛助MG農業用農薬散布ドローンの構成パーツ クイックローターマウント

    クイックプロペラマウント

    プロペラの脱着を容易にするためにクイックプロペラマウントが付属されていて、1枚の取り付け時間はわずか1秒です。暑い現場での作業時間をできるだけ少なくします。右回りと、左回りで色を変えて取り付けの誤りを無くします。

  • 飛助MG農業用農薬散布ドローンの構成パーツ 強靭な本体カバー

    強靭な本体カバー

    機体カバーは万が一薬剤や水をこぼしてしまった時に内部に液体が侵入しないように防滴・防塵設計になっています。強靭なABS樹脂を採用しているので最大60kgの人が乗っても問題ありません。※イメージなので真似はしないでください。

  • 農薬散布ドローンの持ち運びが簡単な機体ベルト

    機体ベルト

    ワンタッチでアームが全て固定できる機体ベルトが付属します。片手で簡単に持ち運びができ、他に見たことのない手軽さを実現させました。細かいところまでお客様の目線になって考え商品化しています。

  • 飛助MG農業用農薬散布ドローンの構成パーツ クイックリリース排気弁

    クイックリリース排気弁

    配管内のエアー抜きを簡単に行うために、クイックリリース排気弁を搭載しています。不用意に薬剤を地面に落とさないように、タンク内へ薬剤が戻るシステムで設計していて、手に農薬が掛かることがないように配慮しています。

  • 飛助MG農業用農薬散布ドローンの構成パーツ フェールセーフ機能

    フェールセーフ機能

    ・機体内部高熱時警告装置
    ・超高輝度LED 前方・赤 後方・緑
    ・通信切断時自動着陸機能
    ・半径300m、高度50m範囲外飛行禁止機能
    ・緊急時全モーター非常停止機能

  • 飛助DX農業用農薬散布ドローンの構成パーツ 送信機

    送信機

    信頼性が高い新発売のFUTABA製12Kを標準装備しています。バッテリー残量が少なくなるとバイブレーションと音でオペレーターへお知らせする機能や、機体の制御装置が70℃以上の高温警告装置が国内製品では初の標準装備しています。

フライトモード

飛助MG農業用農薬散布ドローン フライトモード
  • ①自動帰還
    自動で離陸地点へ帰還し自動で着陸します
  • ②散布装置無段階調整
    散布装置を0.6L~1Lまで無段階で選択できます
  • ③フライトモード
    マニュアル+や自立散布システムを選択できます。
    詳しくは下記を参考ください。
  • ④散布機ON・OFF
    散布装置をスイッチ一つで操作を行えます
  • ⑤4m自動横移動
    スイッチ一つで4m自動で横移動を行います。
  • ⑥タイマー
    散布・飛行時間等を計測できます
自立散布システムモード

自立散布モード

A地点、B地点を設定するだけで自立散布を行います。自動で4mの横移動や前後移動を行い、自動で散布装置のON・OFFを行います。前後移動を行うと装置がONになり、ホバリングと横移動の時は装置がOFFになります。スイッチ一つで地点設定できます。

マニュアル+モード

マニュアル+モード

飛行経路がズレないようにGPSで補正を行いながら飛行します。飛行速度は15kmで固定され、散布装置も自動制御します。赤太線の部分だけを散布するように、前後進の時だけ装置がONになり、ホバリングや横移動の時は装置がOFFになります。

従来までは横移動の時、自ら操作し4mを測りながら移動する必要がありましたが、飛助DXではスイッチ1つで右もしくは左に4m自動横移動できます。

飛助DX農業用農薬散布ドローンではスイッチ1つで右もしくは左に4m自動横移動できます

本製品内容

農業用農薬散布ドローンのセット内容
  1. 飛助DX本体
  2. 液体散布装置
  3. プロペラ1機分
  4. 12K送信機
  5. 取扱説明書

本製品をご利用頂く為には、AセットもしくはBセットをご購入頂く必要があります。

飛助DXスペック

機体

機体材質
カーボン・高剛性アルミ
寸法(プロペラ含まず)
1185X1185X520mm
579X579X520mm(折りたたみ時)
対角モータベース
1530mm
モーターサイズ
100mmX10mm
プロペラ
軽量型30inchカーボン
ESC
高冷却機能付き防水ESC
LED
高輝度LED赤・緑
バッテリー
大容量Li-poバッテリー

液体散布装置

タンク容量
10L
タンク形状
円錐
タンク材質
ポリエチレン
散布幅
4m
最大散布量
1L/分
ノズル
ボタ落ち防止ノズル
散布ポンプ
ブラシレスポンプX2
1回散布最大面積
1.25ha(12.5a)
リリース弁
66ナイロン・IP68

飛行パラメーター

総重量(バッテリー含まず)
10.5kg
最大離陸重量
24.67kg
最大搭載重量
10kg
最大飛行時間(散布時)
15分
最大飛行時間(空荷時)
22分
最大使用風速
10m/s
最大飛行速度
20㎞
最大到達高度
50m
最大飛行距離
300m
電波到達距離
1000m
使用可能温度
5~40℃

送信機・充電器

送信機
送信機機種
FUTABA 12K
動作周波数
2.4GHz
テレメトリー
バッテリー残量警告機能付き
受信機
R3008SB
モニター
128X64ドット
充電器
外寸寸法
272X202X118.6mm
重量
4.88kg
入力電源
100-240V
出力電源
1080W
充電電流
20.0A
飛助DX農業用農薬散布ドローン マルチローター指定落下分散性能確認試験証明データ

農薬散布ドローンは、落下分散性能確認を実施している機体を使用することを推奨します。ドローンにポンプとノズルを取り付ければ均等に散布できるものではありません。
目視では散布ムラがわからなく、試験紙を使用しないと確認できません。散布量や均一性を適切に守らないと、残留基準値オーバーにより出荷停止処分や、薬害の発生が考えられます。国内農薬は海外と比べ、濃度が高い傾向なので遵守して頂く必要がります。低価格機体を使用する場合は、必ず落下分散性能確認を行っている機体でご検討ください。

よくあるご質問

フライトコントローラーってなにが優れているの?
モーターメーカーの違いは?
飛助MGと飛助DXはなにが違うの?

お客様のほとんどの疑問が解消できるようによくあるご質問におまとめしています。
詳しくはこちらをクリック

利用規約

製品をご利用いただく前には必ず注意事項を全てご確認ください。
本製品をご利用頂く方は全て確認頂いたこととします。

オペレーター・ナビゲーターだけでなく飛行区域の周りにいる人々や物にも危険をもたらします。安全な状態・環境を十分に確認した上で・・・続きを読む

ご利用の流れ

農業用農薬散布ドローンのご利用の流れ

弊社もしくは販売店でご購入後、国交省の申請(記入例はHPに掲載)を行いご利用ください。飛助DXは資格や免許は必要ありません。

 

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

パンフレットダウンロード