よくある質問
FAQ

他社の安価な農薬散布ドローンとは何が違う?

農林水産省の管轄内である農林水産航空協会が定める基準に弊社製品は適合しています。
認定調査機関で吐出量、噴霧角度、面積比率、変動係数、落下分散、粒子径などを精密調査してから機体構造を決定し農薬散布ドローンを販売しています。

 

飛助MG=農水協の認定機・試験を行っている

全ての試験を認証機関立ち合いのもと合格しているので、安全にご利用頂く事ができます。

飛助DX=認定を受けていない・試験を行っている

認定試験は受けていないが、認定機同様の性能確認試験を自社実験で行い認定機関の合格数値を大きく上回っている結果を確認しているので安全にご利用頂けます。

他社未認定機=認定を受けていない・試験を行っていない場合

弊社より平均30万円安くでネット販売している農薬散布ドローンは、目視では問題無いように見えても散布試験を行うと、「散布ムラで中心に固まっている。散布幅が4mにも達していない。吐出量を規定より超過していて残留値オーバーの可能性」などの農薬散布ドローンが販売されていることが現状です。

試験を行っていない機体を使うと

薬害が発生し作物に影響が発生した・残留量が基準値以上になり出荷停止なった・1度で済むはずの散布だったがムラがあり2回散布して薬剤コストが大きくかかったなどの事例もあり全て自己責任となります。作物の「薬剤効力・食の安全性・成長管理」を確保するには上記の試験が必須です。

 

サービスについての他のご質問

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。