よくある質問
FAQ

他社の安価な農薬散布ドローンとは何が違う?

ただ安くするだけが目的であれば弊社も今よりさらに安い機体を製造できます。安いけれど「散布量が安定しない。横風で薬剤が流れる。薬剤が巻き上がり散布したいところにかけれない。」があっては農薬散布ドローンを導入してもデメリットが大きいです。
そこで弊社では、薬害やドリフトを防止するために農林水産省の基準以上になるよう試験開発を繰り返し、散布性能を全て公表しています。安心して散布できるように散布性能を徹底して向上し自信のある製品をご提供しています。

飛助MG=認定機・試験済

全試験を認証機関で合格しているので、誰でも安全にご利用頂く事ができます。

飛助DX=認定を受けていないが、試験済

全試験を社内で行い飛助MGと同じ結果を確認しています。

他社の未認定機=認定を受けていない・試験を行っていない

安価な農薬散布ドローンは、目視では問題無いように見えても「薬剤が風に流される。散布幅が4mに達していない。最低吐出量を1.1L以上で設定されている。正しい吐出チップが使用されていない」などの農薬散布ドローンが販売されていることが現状です。このような機体を使用すると、薬害もしくは周辺作物へのドリフト問題が発生します。

適合していない機体で散布すると・・

日本国内で農薬を利用するには、農薬取締法に基づいて使用しなければいけません。
(飛行速度15km・散布幅4m・吐出量0.8L/分)もしくは(飛行速度15km・散布幅6m・吐出量1.2L/分)etc…に該当しない使用方法は、農薬取締法第12条2項の違反で、3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金になります。

ご購入前には、散布性能・吐出量・ドリフト対策のスペックを確認してください。
もしこの内容について詳しくお聞きになられたい方はマゼックス営業所へお問い合わせください。

 

サービスについての他のご質問

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。