ブログ
Blog

2020年11月27日
カテゴリー :

害虫の防除方法とは?農薬散布ドローンを使用した防除がおすすめ!

害虫は農家の頭を悩ませる要因の1つです。適切な害虫対策しないと大切な農作物の収穫に悪影響となってしまい、農家の収益にも大きく影響してきます。では害虫の防除対策には、どのような方法があるのでしょうか。
今回は害虫の7つの防除方法のご紹介と、合わせておすすめの防除方法についてお伝えいたします。害虫の防除方法にお悩みの方や害虫被害を最小限に押さえたい方は、ぜひ参考にしてください。

害虫の7つの防除方法をご紹介!

農作に被害を加える害虫は幅広く存在しており、主にダニ目・バッタ目・アザミウマ目・カメムシ目・コウチュウ目・ハエ目・チョウ目に分類されます。さまざまな害虫が存在するため、それぞれの防除方法を押さえて、害虫に合わせた対策が重要です。ここでは7つの害虫の防除方法をご紹介いたします。

捕殺

補殺は害虫を捕まえて駆除する方法です。主にチョウ目の幼虫のような、小さすぎず飛ばない害虫に効果的な防除方法です。農薬を使わないため安全かつ確実な時方法ですが、害虫の数が多い場合や、害虫が小さすぎると膨大な時間がかかってしまうケースもあります。

防虫ネット

防虫ネットは資材で作物を覆って、害虫を寄せ付けない防除方法です。葉菜類を狙う害虫に効果的な手法で、ホウレンソウやコマツナなど葉物野菜によく用いられています。一方日光を遮ってしまうため、日照を必要とする作物には適さない防除方法でもあります。

防虫網

防虫網はハウスの側窓や天窓をメッシュの網で覆う防除方法です。網目を細かくすることで、小さな害虫の侵入を防ぎます。しかしメッシュの網目が小さいほど通気性が悪くなってしまい、反対に大きくすると害虫が侵入しやすくなってしまいます。

光・色の利用

害虫の光や色に反応する特性を利用した防除方法もあります。例えばアブラムシはシルバーマルチを嫌がるため、作物の近くに設置することで防除することが可能です。そして特定の色に好む特性をもつ害虫には、その色に着色した粘着板や粘着シートで防除できます。

熱の利用

害虫は変温動物であるため、生存限界温度に合わせて熱を利用することで防除できます。
例えば温湯消毒法では60℃ほどのお湯に浸漬することで、作物に影響を与えることなく害虫を死滅させられます。またハウスを一定期間高温に保ち密閉することで、害虫だけでなく病原菌の防除も可能です。

雑草管理

害虫は雑草を住処にしていることが多いため、住処をなくすのも防除方法の1つです。また雑草は害虫だけでなく、病害の要因でもあります。そのため、圃場やハウス周辺の雑草は刈り取るか枯らすなどして、定期的に管理することで防除率も上がります。

農薬散布

広範囲に効率よく防除できるのは農薬散布です。農薬散布は害虫には効果的ですが、費用や手間の面でデメリットがある防除方法です。特に人の手による農薬散布は圃場が広いほど手間となり、重いタンクを担いでの農薬散布は体力的にも大きな負担となります。

農薬による害虫防除なら農薬散布ドローンがおすすめ!

農薬は害虫防除に有用な方法です。従来は人の手や無人ヘリコプターによって散布するのが一般的でしたが、近年ではドローンが活躍しています。ドローンは無人ヘリコプターよりも圧倒的に導入しやすく、人の手による散布負担もなくなります。
また補助機能がついているドローンを活用すれば、10aの圃場もたった1分で完了します。操縦も従来の無人ヘリコプターに比べ簡単で、初めて機械を使って農薬散布する方でもドローンであれば安心して利用できます。
また農業用ドローンは農薬散布に適した性能を兼ね備えているため、効率的かつ精度の高い農薬散布を実現します。よってムラなく効率的に農薬散布が可能です。

農薬散布ドローンの効果を最大限に引き出すための防除方法

農薬は害虫対策として、とても効果の高い防除方法です。最大限に効果を発揮するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • ムラのないように丁寧に散布する
  • 害虫が食害しそうな作物の部位に均一に散布する
  • 雨が降った後や作物が濡れている場合は散布しない
  • 朝や夕方の涼しい時に散布する

農薬散布ドローンを活用することでかなりの防除効果に期待できます。その効果を最大限引き出すためにはムラのない丁寧な散布を意識し、散布環境を見極めることがポイントです。またムラのない精度の高い散布を実現するためにも、導入するドローンの性能にも注目してみましょう。

まとめ

今回は害虫の防除方法についてお伝えいたしました。農家にとって、害虫による農作物への被害は見過ごせません。また質の良い作物を育てるためにも、生計を立てるにも害虫の防除は欠かせません。
記事前半でご紹介したように、防除方法にはいくつか種類がありますが、最も主流で効果が高いのは農薬散布でしょう。特に広い圃場で農作物を育てている場合には、効率面でもドローンを活用した農薬散布がおすすめです。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考に圃場や害虫、農作物の特徴に合わせた防除方法と取り入れてみましょう。

関連キーワード
ドローン (29)
農薬散布 (25)
飛助MG (12)
飛助DX (13)
農業用 (23)
メリット (11)
林業用 (7)
バッテリー (6)
スマート林業 (1)
助成金 (1)
補助金 (1)
ドローン規制法 (1)
ドローン法律 (1)
ドローン活用 (1)
ドローンメリット (1)
おすすめドローン (1)
農業用ドローン (10)
農薬散布ドローン (3)
ドローン価格 (1)
農林水産航空協会認定機 (1)