ブログ
Blog

2021年09月15日
カテゴリー :

スマート農業とは?メリットや世界の事例もご紹介

農業は生活に不可欠な存在ですが、日本の農業は労働力不足に伴い深刻な状況となっています。そこで日本のみならず世界的にも注目されているのが、多くのメリットがあるスマート農業。そんなスマート農業に欠かせないのがカメラを搭載した空撮用のドローンや農薬散布できるドローンです。
本記事では、スマート農業の概要からそのメリット、そしてドローンについてもご紹介していきます。スマート農業を進めたい方やドローンを活用し農作業を効率化したい場合には、参考にしてみてください。

スマート農業とは?

そもそもスマート農業とは農林水産省において「スマート農業とは、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する等を推進している新たな農業のこと」と定義されています。
日本国内はもちろん世界各地でもスマート農業は進みつつあり、スマートアグリカルチャー(Smart Agriculture)やアグリテック(Agri Tech)とも呼ばれています。
参考:農林水産省 スマート農業

スマート農業のメリット

スマート農業には、多くのメリットがあるため注目されています。ここではスマート農業における、主なメリットを3つご紹介していきます。

作業効率向上による省人化

1つ目が作業効率向上による省人化のメリットです。農業における担い手不足や高齢化に伴い、日本の農業は深刻かつ慢性的な労働力不足が問題視されています。高齢化の面では、実際に多くの農地を担っている農業従事者が60・70代というケースが多く、他の産業よりも高い傾向にあります。
そうした事態を解決するには、作業効率を向上させることで、少ない人員でも農業を担えるように省人化する必要があります。その際、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用することで、人間の労力を代替できるスマート農業は有用な存在です。

食料自給率の向上

2つ目が食料自給率向上によるメリットです。日本は諸外国と比べ食料自給率が極めて少ないことも問題となっています。実際にカロリーベースの食料自給率ではカナダ255%、オーストラリア233%、アメリカ131%、フランス130%、ドイツ95%となっており、日本は38%です。
よって日本は62%を輸入に頼っていることになり、経済や政治の関係で輸入が途絶えれば日本は農作物、つまり食品において大きな打撃を受けてしまいます。こうした事態を回避するためにも食料自給率の向上が求められています。
またその方法の1つがスマート農業によって、作業効率を上げ省人化を実現。そうすることで、生産量を高め、自給率を向上させることにつながります。

農業におけるノウハウを共有し継承していく

3つ目が農業におけるノウハウを共有し継承していくことです。上記でご紹介した通り、農業は担い手の不足、つまり現在の農業の後継者となる新規就農者がいないことが問題の
1つ。
またそれによって農業のノウハウが次の世代へ共有・継承しにくいのが問題視されています。実際に家族経営しているケースも多い農業では、担い手の子供が農業に従事しないケースも多くなり、現在の世代で廃業するケースも多くなっています。
そうしたケースを避け、農業を次の世代へ共有・継承していくためにも、スマート農業によって、ノウハウやデータを継承していけるようになります。

スマート農業に欠かせないドローン

スマート農業は多くのメリットがあり、農林水産省をはじめとした政府機関を筆頭に進められています。ここからは実際にスマート農業で有用なドローンを使った事例についてご紹介します。

スマート農業の国内の事例

日本でスマート農業といえば、まずドローンの活躍が顕著です。ドローンは従来まで活用されていた無人ヘリコプターに比べ小型なので、操作性や安定性に優れ、ランニングコストが安い点も魅力です。
実際に国内ではスマート農業の取り組みとして、ドローンの活用が進んでいます。またドローンは空撮機能によって圃場の確認や必要情報の収集、そして農薬・種子の散布も可能です。さらにそれらをデータ化し、上記でご紹介したように共有・継承していくためにも重要な役割を担っています。

スマート農業の海外の事例

ドローンを使った海外のスマート農業における事例としては、アメリカや中国が有名です。大手ドローンメーカーの多い中国では、果樹園専用のドローンが開発され、自動で障害物を避け、さらに自動で20種類以上の果樹を見分けられるようになっています
これによって完全自動果樹園も数年以内に完成する見込みとなっており、ドローンをはじめとするさまざまな機器がスマート農業として注目されています。

まとめ

本記事でご紹介したように、スマート農業には多くのメリットがあり、政府主導でさまざまな取り組みが進んでいます。実際にドローンに関する補助金の提供など、事業者にとって魅力的な施策も進められています。
これからスマート農業を進めたい方やドローンを活用し農作業を効率化したい場合には、まず手軽に導入できるドローンの活用がおすすめです。スマート農業に欠かせない農薬散布ドローンは、日本の国土に最適な設計のマゼックスをぜひご利用ください。

農薬散布ドローンの製品情報はこちら

関連キーワード
ドローン (29)
農薬散布 (25)
飛助MG (12)
飛助DX (13)
農業用 (23)
メリット (11)
林業用 (7)
バッテリー (6)
スマート林業 (1)
助成金 (1)
補助金 (1)
ドローン規制法 (1)
ドローン法律 (1)
ドローン活用 (1)
ドローンメリット (1)
おすすめドローン (1)
農業用ドローン (10)
農薬散布ドローン (3)
ドローン価格 (1)
農林水産航空協会認定機 (1)