たった2分で無料補助金診断 たった2分で無料補助金診断

ブログ
Blog

2022年01月20日
カテゴリー :

ドローンによる農薬・肥料散布でどれぐらい効率化できる??

ドローン効率化

農業分野におけるドローンの活用は、農薬・肥料散布などの業務効率向上を実現し、省人化を期待できるとあって注目を集めています。そこで気になるのが、実際に農業でドローンを活用し農薬散布や肥料散布をした場合、どの程度効率化できるか、といった点です。本記事ではドローンでの農薬・肥料散布の現状、実際にどの程度効率化できるかを具体的な農薬・肥料散布できるドローンを例にしてご紹介していきます。

ドローンによる農薬・肥料散布の現状

農業分野のドローン活用で先駆けとなったのが、除草剤や殺菌殺虫剤をはじめとする農薬の散布用途です。ドローンは、従来農薬散布で使用されていた無人ペリコプターに比べ、小回りが効きピンポイントで農薬を散布できる点が特徴です。また無人ヘリコプターに比べ、コストパフォーマンスにも優れており、比較的小さな農家でも導入できるとあって注目を集めています。
しかし農薬散布に比べ、肥料散布用途ではまだまだ導入が進んでいないのが実情です。というのも農業用ドローンで肥料散布する場合、肥料を積載するドローンの積載量や、散布する面積あたりに必要なバッテリーが不十分とされるケースが多くあったためです。

ところが昨今は、肥料散布可能な積載量を満たし、バッテリー駆動時間や性能が向上したことから肥料散布用途でもドローンの活用が進められています。
その結果、一般的な個人の農家でも農薬散布に加え、現在は肥料散布も実用的に活用されています。また担い手・後継者不足や人員不足が課題となる農業を活性化させるために、協同組合や各企業、各自治体が主導となって、ドローンの実証実験や現場での活用が進められています。

ドローンで農薬・肥料散布した際の効率化

上記のように農薬散布用途で活用が進んでいるドローンですが、肥料散布でも活用が進められ、省人化や業務効率向上に貢献しています。そこで実際に農家がドローンの導入を検討する際に重要なのが、どの程度効率化できるのか、といった点です。一括りに効率化といってもさまざまな視点があり、例えば次のような効率化が挙げられます。

農薬・肥料散布する人員の効率化

ドローンでの農薬・肥料散布をした際に期待できるのが、人員不足が課題の農業における人員の効率化です。例えば、特定の面積と特定の時間で農薬・肥料散布し終えるには3人必要だった人員を、1人でまかなえるようになります。
また人間が農薬・肥料散布するには体力の消耗に伴い休憩が必要ですが、ドローンであればバッテリーが持つ限り継続的に散布可能です。さらに人間が散布する場合、ムラやばらつきが出てしまいます。その結果、後日ムラやばらつきを修正するために、農薬・肥料散布し直すケースもあります。
しかしドローンであれば、自動飛行や走行アシスト機能などのコンピュータ制御で、ムラやばらつきを抑えることが可能です。

農薬・肥料散布する散布面積の増加と時間の効率化

ドローンで農薬・肥料散布をした際、人間が散布するのに比べ散布面積を増加し、時間を効率化できます。例えば人間が散布する際には、特定の面積で1時間かかっていた農薬・肥料散布が、同じ時間で3倍の面積を終えられます。その結果、農薬・肥料散布面積の増加と時間の効率化を実現でき、圃場を拡大したり他の作業に時間を充てられます。

農薬・肥料散布状況を収集しデータ化・効率化

人員や散布面積、時間の効率化がドローンの農薬・肥料散布の代表的な効率化ですが、圃場の情報をデータ化し、他の圃場に活かしたり次年度にデータを活用することも可能です。例えば経験や憶測に頼っていた農薬・肥料散布がデータを基に散布できるようになれば、効率的な散布が可能になります。またデータ化しておくことで、後継者への共有もスムーズに行えます。

マゼックスのドローンで農薬・肥料散布した場合の効率化

具体的に面積当たりどれぐらい時短になるのかを、農業用ドローンを中心にご提供しているマゼックスの農業用農薬散布ドローン「飛助MG/DX」を例にご紹介していきます。

農薬・肥料散布に適したドローン「飛助MG/DX」

飛助MG/DX
「飛助MG/DX」は、特許取得済みの農林水産航空協会認定機種で、国内の圃場であればどこでも活用できる農薬・肥料散布に適したドローンです。
また「飛助MG/DX」は、時速15kmで幅4mを散布できるため、10aを1分程で散布可能となり散布効率向上に貢献します。次の圃場へそのまま移動して作業できるので、人力で散布するよりも作業時間を1/5短縮でき、圃場ごとの洗浄も不要です。

さらにドローンで使用する農薬の希釈濃度は8倍なので、水を準備する時間も大きく削減でき、作業終了後の洗浄作業も容易です。
実際に導入する際の費用面としては、総面積が8~10ha以上散布する方は10L機の「飛助MG/DX」がコストパフォーマンスに優れています。
それ以下の面積の場合は5L機である「飛助mini」がコストパフォーマンス良くご使用いただけます。

農業用ドローンの導入をご検討中でしたら、まずは「無料料金シミュレーション」をご活用ください。いくらかかるのか、どれほどお得になるのか、3つの項目だけで、4年間の費用が分かります。

お問い合わせはこちら

関連記事
農薬だけじゃないドローンで散布できる肥料まとめ

関連キーワード
ドローン (31)
農薬散布 (29)
飛助MG (12)
飛助DX (13)
農業用 (23)
メリット (11)
林業用 (7)
バッテリー (6)
スマート林業 (1)
助成金 (1)
補助金 (1)
ドローン規制法 (1)
ドローン法律 (1)
ドローン活用 (1)
ドローンメリット (1)
おすすめドローン (1)
農業用ドローン (10)
農薬散布ドローン (4)
ドローン価格 (1)
農林水産航空協会認定機 (1)