たった2分で無料補助金診断 たった2分で無料補助金診断

製 品
Product

森飛15  林業用運搬ドローン

希望小売価格
2,000,000

(税込:2,200,000円)

・住友林業㈱との共同開発製品
・特許取得した機構で吊り下げ運搬を可能に
・2オペで運搬スピードと安全性を更に向上

上記は前モデルの紹介動画です。デモンストレーションも随時行っておりますので詳しくはマゼックスもしくは林業用販売店へお問い合わせください。

住友林業株式会社の森飛紹介ページはこちら

「運ぶ」今までの常識が大きく変わる

森飛15は安全かつスピーディーな作業を多種多様な現場に合わせて柔軟に対応できる機体です。共同開発の住友林業株式会社と数万本以上の苗木運搬実証実験を行い、様々な問題と課題を改良してきた機体と運搬装置で、信頼性と実用性の高い林業用ドローンに仕上がりました。
勾配がきつい山、スペースが狭い山、視認性の悪い山などで使用するための2オペレーション機構〈機体1台に対して2個の送信機で操縦〉と、目的地点で着陸が不要な自動切離しフックや共振防止装置を開発したことで、広範囲にわたる作業も効率よく早く進めることができます。また独自開発の共振防止装置により、さらに安全性を向上し、いかなる荷重の変化も収める事ができます。
農業分野では国内メーカートップシェアの実績を林業用ドローンに生かし、瞬間荷重が60kgのことも想定した強靭で耐久性の高いフレームが完成しました。

脅威のスピードと実用性を実現

人が歩いて往復80分かかる山(水平距離400m/高低差150m)も、森飛が飛べばたったの5分。しかも人は休憩が必要ですが、森飛15はバッテリー交換するだけで休むことなく1日中運搬することができます。機体1台の作業スピードを人に換算すると、その差は10倍にまで効率化され、人件費削減にも繋がります。またフレームや動力部品は1度に15キロまで運搬できる性能なので、余裕を持って運搬作業を行えます。
1度森飛15を使うと、もう人力で運搬作業に戻ることは考える余地も無いほどの作業効率化と労務省力化に繋がります。

細かい作業も完璧な2オペ

2オペレーションは2つの送信機で1台のドローンを操縦することができます。自動飛行が厳しい視界の悪い現場や、微調整が難しい現場で使用するために、全ての操作を目視内にすることで困難な作業を実現します。到着地点でも目視内操作ができることで色々なポイントに荷下ろしすることができ、その後の作業スピードも向上します。
一瞬で操縦の切替えを行い、自動着陸や飛行アシストなどの機能も備え、初めての方でも安心して使用できます。
2オペの切替制御装置は、実際に現場で使用した改善点を反映したバージョンへアップグレードしています。

RTK自動飛行

かんたん設定&高い信頼性

衛星からのGPS信号で通常は正確な位置を受信が可能ですが、GPS信号は山間部やビルなどの壁面に反射しやすい性質があり、正確な位置をドローンが判断できず、飛行安定性が低下する場合があります。
そこで安全な飛行を継続するためにRTK基地局が最適です。
GPS信号に加え、RTK基地局からの位置情報で補正し正確な位置を把握できます。そのため山間部ではRTK基地局を使用した自動飛行は信頼性が高まり、飛行経路の精度なども向上します。
RTK基地局はボタン1つで起動・接続することが可能で、接続状態もLEDで判断できるので安心です。

※RTK基地局はオプション製品です。

森飛15の特徴

林業用専用の切離し装置で簡単切離し

運搬物の切離しを自動化

傾斜のある現場において、ドローンを着陸させることは困難であり、だからといって苗木や資材を投下させるわけにはいきません。
そこで運搬物が着地すると自動的に外れるフックを開発しました。これによりに荷外し作業が不要になり大幅な省力化だけでなく、飛行中の機体に近づく必要がないため作業者の安全性も同時に確保することができます。

林業用ドローンに開発した共振防止装置で安全に運搬

共振防止装置 特許取得構造

吊り下げ式はドローン本体に運搬物を固定させる必要が無いため作業効率は高いですが、加速やブレーキ、環境による重心移動で機体が安定せず、ハンチング(上下運動が収まらない)状態に陥ります。
そこで安全な作業を実現するために共振防止装置を開発しました。これは運搬物の重心が上下左右にずれた時、この共振防止装置が衝撃を吸収して運搬物の揺れを止めることができます。
本機構は(株)マゼックスが既に特許取得(第6912121号)しています。

信頼の強度と効率的な冷却構造

森飛15の推進システムであるブラシレスモーターは、信頼性と耐候性に優れた設計で、1個あたりの最大離陸重量が7~9.5kgまで耐えることができます。耐候性素材でベアリング、ESCなどをほこりや粉塵から回路基板を保護します。内部には冷却フィンを備え、過酷な環境下でも連続運転を可能にします。プロペラは最高の強度と剛性を実現するために高度な複合材である34inchのウルトラカーボンを使用し、空力効率や長時間飛行を可能にしました。

万が一のときの為にフェールセーフを追加

視認性の高いカラーリング

LEDを前後で色を分けるだけでなく、機体を直視した際にもデザイン性にもこだわりながら、前方から見る場合と後方から見た時の判断をしやすいように塗分けています。山の中で確認しやすい赤と白の2色で構成され、先進的なデザインになっています。その他にも様々な安全機能を装備し、安全性を向上しています。

林業用苗木運搬ドローンの飛行画像

山林で運搬するために考え抜かれた技術と協力体制

森飛シリーズは、山林の厳しい気候・地形条件にも対応できるドローンの誕生に向けて、他分野の企業が協力して開発を行ってきた製品です。平地での活躍が目立つドローンも山林の厳しい環境の中で現場の要望に応えるパフォーマンスを発揮できるかどうかは別次元の問題です。
住友林業(株)では四国の山地、傾斜の厳しい現場で数万本のコンテナ苗運搬の実証実験を繰り返し、マゼックスが2020年に国内初の森飛-MORITO-運搬ドローンを販売開始しました。林地における林業用運搬ドローンのスタンダードを目指します。

よくある質問

 森飛15で苗木以外は運べるの?

林業の現場では、苗木以外にも運搬できると業務の大幅な改善につながる荷物はたくさんあり(例 植栽器具や獣害防護資材など)、これらの運搬にも最大積載重量以内であれば森飛15が使用できます。しかし運搬する物資によっては航空法に定められる「承認」を必要とするものもあります。(例 ガソリン・チェーンオイル等)これらについても必ず事前に確認するようにしてください。

 

どれぐらいのバッテリーで運用できるの?

実際の山林で森飛15を使用して苗木運搬作業を行い、以下のような結果が出ました。
■バッテリー3本・充電器2個・発電機1個 / ■バッテリーの充電時間は40分間

上記のように充電を行っている間は他バッテリーで行い、飛行が終わると現場で充電開始することでバッテリー3本で1日中フライトすることが可能です。1回の充電で約2~3往復程度できるので上記表でも多くの苗木を運搬することができます。しかし、上記表は最小限の内容になるためもう1つ予備バッテリーを保持しておくと安心です。

 

ドローンの保険料はどれだけかかる?

賠償保険以外に、機体保険(動産保険)があります。 機体保険とは誤操作などによる衝突や墜落、盗難に対して機体の 修理、購入が必要になるときに必要な費用が補填される保険です。
機体保険は機体価格に応じて保険料金が決まり、 下図は機体価格でどれ程の保険料の差がでるのか表したものです。
産業用ドローンは車と同じように購入後も維持・メンテナンス費が発生するので購入時には必ず確認してください。

 

機体がホバリングしている状態で荷物の脱着をしてもいい?

ドローンの運用は航空法を遵守する必要があり、ドローンに30m以上近づいてはならないと法律で定められています。
また森飛15は最大離陸重量が30kgを超え、何らかの原因で墜落した場合、死傷事故に繋がり非常に危険です。
ただし森飛15は飛行状態に近づくことなく作業できる構造や運用方法のため、危険は回避することはできますが、機体を選定するときにはあらかじめこのような安全の確保や運用方法も含めて検討が必要です。

 

ドローンを飛行させるために申請などは必要なの?

国内で無人航空機(ドローン)を飛行させるには飛行方法により国土交通省に飛行申請を行わなくてはいけません。
そこで森飛15をご購入いただいたお客様にはマゼックスが以下のサービスをしています。

マゼックス(提携の行政書士)がお客様の代わりに申請

より多くの林業従事者様にドローンを導入して頂きやすいように考えて開始したサービスで、 業界初の国土交通省への申請や許可書の発行手続きまでもマゼックスが格安で代行申請します。 また、申請期間の終了が近づくとメールでご案内しますのでスケジュール管理もお任せください。
詳しい説明はこちらから確認してください。

ドローン保険1年目無料付帯(賠償保険)

国土交通省に申請するには賠償保険(対人対物保険)の加入が義務付けられています。
そこで機体をご購入頂いた1年目は無料付帯します。導入時の負担を少しでも 減らせるように開始したサービスで、ご加入の作業なども含めてマゼックスが代行します。
保険の更新時期になりましたらメールでご案内するので更新忘れも防止できます。

利用規約

製品をご利用いただく前には必ず注意事項を全てご確認ください。
本製品をご利用頂く方は全て確認頂いたこととします。

オペレーター・ナビゲーターだけでなく飛行区域の周りにいる人々や物にも危険をもたらします。安全な状態・環境を十分に確認した上で・・・続きを読む

 

 

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。