内蔵型リモートID

その他ドローン備品

内蔵型リモートID国土交通省登録義務機器

内蔵型リモートID 国土交通省登録義務機器

made in JAPAN
内蔵型で手間いらず

ドローンなどの無人航空機の利用が急速に拡大するなか、航空法改正により2022年6月20日から100g以上の無人航空機(ドローン)にはリモートID機器の搭載が義務化されています。リモートIDは自動車のナンバープレートのようなもので、リモートID機器から電波で機体の識別信号を発信することによって飛行中の機体の登録を判別可能にします。

  • 軽量
  • コンパクト
  • バッテリーレス

希望小売価格 18,000円(税込:19,800円)

製品特徴

小型軽量化を実現

バッテリーレス仕様の内蔵型基板タイプとすることにより、重量8.5gと小型軽量化を実現しました。電源は機体のバッテリーから供給する構造で、リモートIDを充電したりする手間がなくなりました。


機能・パーツ説明

アプリで書き込み

リモートIDに発行された登録記号の書き込みは国土交通省の専用アプリを使用して行います。手順書もありますのでスマートフォンがあればどなたでも簡単にできます。

アプリで書き込み

SPEC

■国土交通省仕様準拠

外形寸法 40 x 40 mm
本体重量 8.5 g
電源 ドローン本体より供給
無線 Bluetooth® 5.0 LongRange(BVMCN52840CFSLR)
センサー GNSS(BVMGPS5605S)
認証 日本電波法、Bluetooth® SIG認証