ブログ
Blog

2020年06月10日
カテゴリー :

ドローン初心者が知っておきたい基本用語集!操縦前に知識を得よう

現在ドローンは空撮をはじめ農業・林業といった一次産業、各種施設の点検、災害救助と幅広い用途での活用が進んでいます。また以前に比べ低価格化が進み、初心者でも手軽に扱えるようになっています。どのような用途でドローンを活用するにしても、操縦前に部品の名称や操作用語について押さえておくことで、操縦技術の会得がスムーズになります。
ここでは、ドローンを活用する際にも覚えておきたい基本的な部品用語と操作用語についてまとめました。事業や娯楽など、目的問わずドローンを導入した方は、参考にしてみてください。

ドローン本体の基本的な部品用語について

まずはドローンを理解する上で欠かせない、ドローン本体の部品用語についてご紹介していきます。

ジンバル

ジンバルは、ドローンの飛行中に起こるカメラ映像のブレを防ぐために衝撃を吸収する装置のことをいいます。ドローンは基本的に3軸のジンバルで固定されており、これによってドローンで撮影した際に滑らかな映像になります。また高性能なドローンほど高機能なジンバルが搭載されている傾向にあります。
一方でジンバルがついていないドローンや、安価なドローンで撮影した映像や画像はブレが多くなってしまいます。

ローター、ブレード

ドローンの要となる「飛行」をさせるために稼働する回転翼のこと。ヘリコプターでいうプロペラに該当します。プロペラの性能はドローンの安定感をはじめ飛行機能に直結します。
機体によってはプロペラが障害物に当たって破損することを防ぐために、ガードがついたものもあります。

フライトコントローラー

フライトコントローラーは、ドローンの情報を送受信する中核部分のこと。外部から受信するさまざまな情報を元に演算処理を行い、機体の飛行を指示する機能があります。
フライトコントローラーが壊れてしまうと、ドローンは正確かつ安全な飛行ができなくなってしまいます。こちらが高性能なほど、ドローンはタイムラグなくスピーディで機敏な動きをします。

チルト・パン

チルトは固定したカメラを上下に動かすこと。一方でパンは固定したカメラを左右に動かすこと。どちらも本来は撮影用語です。
ドローンの場合、チルトはカメラを下向きにしたり、前向きに戻すことを意味します。チルトは手動でできる場合と、送信機で遠隔操作できるものがあります。また撮影の際に機体自体の向きを変えることもできますが、パンできる方が操作も手間がかからず、利便性が高いと言えます。

プロポーショナルシステム(プロポ)

プロポーショナルシステムは、ドローンの送受信機のこと。ドローン操縦に必須の部品。
一般的にはスマートフォンやタブレットを介した操作の際に活用されます。近年はスマートフォンやタブレットにアプリをインストールして操作できるドローンが増加してきており、それらでの操縦を検討している場合には、プロポの形態変化にも注目です。

スキッド

スキッドは、機体を地面に着地させるための足となる部品のこと。またの名を『着陸装置』とも言われています。固定式のものもあれば、着陸時のみ降りてくるタイプなどさまざまです。ドローンのカメラは機体の下についているため、スキッドは着陸時にカメラやジンバルを守る役割もあります。
スキッドがあるからこそ安心してドローンを着陸できますが、ハードランディングを行わないように注意してください。ハードランディングをすることでドローン内部が振動で故障する可能性があります。

ドローンの基本的な操作用語について

次はドローンを操作する上で覚えておきたい、基本的な用語についてご紹介します。

ホバリング

ホバリングは、空中でドローンを静止させる、またはその状態にする操作のこと。ドローンを飛行させる技術と同様に、ホバリングも重要な技術です。
なぜなら万が一GPSの故障や機体に異常があった際に、墜落や激突を防ぐためにも空中で安定させる必要があります。その際にホバリング技術は欠かせません。

スロットル

スロットルは、ドローンを上昇・下降させる操作のこと。機体の高度を制御するために重要な操作です。操作は単純で、基本的にスティックを上げることで上昇、下げることで下降します。

ピッチ(エレベータ)

ピッチは、ドローンの前後の傾きの操作のこと。「エレベーター」とも呼ばれています。平面座標を制御するために必要な操作です。

エルロン

エルロンは、ドローンを左右に移動させる操作のこと。ピッチのように平面座標を制御するために必要な操作です。飛行動作と同じようにスティックを左右に動かすことで、横方向に移動します。

ラダー

ラダーは、ドローンを左右に旋回させる操作のこと。ドローンの進行方向となる方位を制御するために必要な操作です。

以上がドローンを扱う際に知っておきたい基本用語です。ドローン初心者は各名称から覚えることから始めると良いでしょう。

基本用語を覚えたら、ドローンを正しく利用するために押さえるべき、ドローン規制法に関わる各種法律や取り組みについてもご覧ください。

まとめ

今回はドローンを利用するなら覚えておきたい、部品用語・操作用語といった基本用語についてご紹介しました。今回の用語を覚えておくことで、説明書や教習内容も断然理解しやすくなります。今回ご紹介した用語の他にもドローン用語は多々ありますが、まずは基本用語を押さえておきましょう。
マゼックスは、農林水産航空協会認定メーカーであり、安全・手軽に使用できる農薬散布ドローン等の産業用ドローンをご提供しております。また、豊富な経験と技術開発力を活かし、農業・林業・運搬など様々な分野でご利用いただける製品やサービスをご提供しております。インターネットでのご注文だけでなく、全国の販売店でフライトデモ又は説明を受けていただけます。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事
【初心者向け】ドローンの操作方法とは?画像付きで基本操作を詳しく解説!
ドローンに搭載されている安全装置とは?7つの装置をご紹介!

関連キーワード
ドローン (27)
農薬散布 (21)
飛助MG (12)
飛助DX (13)
農業用 (23)
メリット (11)
林業用 (7)
バッテリー (4)
スマート林業 (1)
助成金 (1)
補助金 (1)
ドローン規制法 (1)
ドローン法律 (1)
ドローン活用 (1)
ドローンメリット (1)
おすすめドローン (1)
農業用ドローン (2)
農薬散布ドローン (1)
ドローン価格 (1)
農林水産航空協会認定機 (1)