よくある質問
FAQ

10L以上積載できる農薬散布ドローンはないのですか? 

日本国内で16~20Lの農薬散布ドローンを使用するためには、散布幅・散布量・飛行速度などを大幅に上げなくてはいけません。その上げた分に比例して、散布性能は悪化して、薬剤を均一に散布することが難しくなります。
散布性能が悪化させずに最大の薬剤を散布しようとなると、16Lも液剤薬剤を使いきることができず、せいぜい12Lが良い所でしょう。また機体やバッテリーが大容量になるので価格も上昇し、大幅にコストアップしてしまいます。

このようなことを総合的に考えると、日本の農薬や圃場などで農薬散布ドローンを使用するには大きくても10~12L程度が最もコストパフォーマンス良く使用できる。とマゼックスは考えています。
例えバッテリーの容量を大きくしても、重量も重たくなるので費用対効果が現実的ではありません。

ただし、バッテリーの性能が大幅に向上して飛行時間が大きく伸びれば16Lや20Lのドローンも夢ではありません。

もし25㎏未満で申請しているにも関わらず、25㎏以上で飛行している場合は50万円以下の罰金が科せられます。
※ 1haあたりに8Lの薬剤を散布することを前提としています。

サービスについての他のご質問

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。