よくある質問
FAQ

農薬散布ドローンの容量の選び方とは?

5L機がオススメの方

総面積が10ha以下で、中山間地などの小回りが必要な場所で散布するのに適しています。
飛助miniであれば、低燃費なのでバッテリーコストも抑えられます。

10L機がオススメの方

10ha以上を管理していたり、請負作業も考えられている方は10L機がオススメです。
飛助MG/DXは散布性能もトップクラスなので請負作業にもピッタリです。

16L機以上がオススメの方

16~20L機は重くて大きく、バッテリーも高価になるので大面積を管理している方が対象になります。
しかし、日本の農薬は均一に散布できることが前提で吐出量が少ないため、16Lの薬剤を全て散布する前にバッテリー残量が少なくなり着陸しなければならないため、全ての性能を使い切ることが難しいです。

 

最適な機体を導入することは大きなコストカットにも繋がりますので、慎重に検討する必要があります。

サービスについての他のご質問

なにかご不明な点がありましたらどんな小さなことでも
結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。