ブログ
Blog

2018年07月11日
カテゴリー :

認定教習所

今後販売を促進していく農業用農薬散布ドローンの飛助MGの認定教習所を全国で準備しています。全国の農機具取扱店様やドローン関連販売店様に取り扱いのご依頼などをたくさんいただいている中、飛助MGを使用するための認定教習所が必要になります。弊社は飛助MGが初めての認定機体になりますので、申請を行うことが多く時間を多く要していますが2018年秋にはご準備が整います。

今まで農水協の認定教習所という単語が過去のブログで登場していましたが、詳しくはご説明できていませんでした。
認定機を使用するには、教習所の講習を受けないと使えない。ということは皆さんお分かりだとおもいますので、今回は教習所とは具体的にどのようなところなのかご説明いたします。

 

どのような人が教えてくれるの??

教習所ということなので必ず教官が生徒に教えることになります。その教官は、様々な資格や認定、経験が必要になります。
まず一つは「農薬の取り扱いに熟知している資格を持っていること」です。
当然のごとく農薬散布のドローンの教習を行うので、農薬の使用方法や取り扱い方法などを熟知している人が教えなくてはいけません。このような病気の時にはこの薬剤を、、この薬剤の使用方法はここの部分に注意すること、、、など劇薬に関する知識を座学で講習を行います。
2つ目は「ドローンの特性を熟知していること」です。
ドローンは空を飛行するものなので、周りの環境の影響を受けてしまう場合があります。パッと思いつくことが風による影響ですが風にもいろいろな種類があり、巻き上げる風、吹き降ろす風や風の向きが突如に変わる乱気流など様々な要因が考えられます。
その他にもバッテリーの取り扱いや、ドローンの取り扱いに注意する点などを教えます。
最後は「取り扱い機種のメーカーの教官認定を受けていること」です。
ただ農薬やドローンに関して知識があれば教官になることはできません。ドローンにはそれぞれの特徴や癖、使用方法などがあります。その内容を熟知するためにメーカーが開催する教官教習を受け試験を合格した方でしか教官として生徒に指導することができません。

このように教官には様々な資格や認定を受けている者でしか教習を行うことができません。

 

備えられている装備

認定教習所には十分な飛行スペースが確保されています。圃場の広さで表すと、約10a(1反)以上の広さを確保しています。もちろんその周りにはぶつかってしまっても損害の出ないもので教習を受けに来られた生徒の方も安心して教習に励むことができます。実際にその飛行スペースの中で離着陸や飛行、ホバリングの操作なども行います。実際の散布飛行も練習を行い間隔を身に着けて頂きます。その他にもドローンを定位置にホバリングさせるGPS機能を切った状態だとどのような動きになるか。。なども実際に教習を行います。
このような内容で約3日間の内1日半を実技に充てて、生徒の方の技術レベルを磨き安全な飛行を行えるように指導します。

座学では、メーカーが発行しているテキストや機体の説明書を用いて1日半の講習を行います。その内容とは、以下の通りになります。

・飛行範囲について
・飛行許可申請、散布前申請について
・食品衛生法、電波法について
・航空法、農薬取締法について
・農薬の使用について
・農薬の効果について
・散布の注意点について
・散布方法について

など一部を記載させて頂きましたが、農薬散布ドローンを使用するために必要な内容を詳しく丁寧に教習を行います。特に散布方法や航空法、農薬取締法に関しては重要な項目で、この内容を知らずに作業に取り掛かると重大な事故が発生してしまう可能性もあります。


以上が農林水産航空協会の認定教習所に関わる話で、もしご興味がありましたらお気軽に弊社にお尋ねください。
教習所でも機体の販売を行っており担当者が親身になってお客様のご不安をご相談させて頂きます。
弊社の製品で認定教習所に対応している製品は農薬散布ドローンの「飛助MG」のみとなりますので予めご了承ください。

 

関連キーワード
ドローン (24)
農薬散布 (16)
飛助MG (9)
飛助DX (11)
農業用 (19)
メリット (12)
林業用 (6)
バッテリー (4)